時代が移り変わっても、
これからも笑顔を運ぶ
架け橋であり続けます。
小松空港

1944年11月、日本海軍の飛行場「小松飛行場」が整備されました。
そして1961年12月。
航空法に基づく「公共用の施設」として公示され、
正式に自衛隊と民間航空との共用飛行場である「小松空港」が誕生しました。

それから60年、
国内各地、さらには海外にも就航先を増やし、
観光とビジネスどちらにおいても北陸の玄関口としての役割を担ってきました。

時代が移り変わっても、小松空港には変わらないことがあります。
それは、北陸の地域のお客様ひとりひとりに愛される空港であり、
お客様の笑顔を運ぶ架け橋となることです。
現在はコロナ禍で、
遠くの大切な人に会うことも、遠くの景色を見ることも難しい状況ですが、
私たちは、お客様と共にこれからも
お客様への感謝の気持ちを乗せて飛び続けます。

小松空港開港60周年記念イベント
小松空港を楽しもう!!
夏休み親子2021 デジタルスタンプラリー!!

 小松空港開港60周年を記念して、小松空港で楽しんでいたただけるよう、デジタルスタンプラリーを企画しました。  小松空港館内の3ヶ所に設置してあるポスターのデジタルスタンプ(QRコード)を読み込んで、キーワードとともに専 […]
MORE

小松空港思い出フォトコンテスト
~開港60周年 笑顔をのせてこれからも~

小松空港は今年で開港60周年を迎えます。 そこで、小松空港のこれまでの思い出を振り返り、これからの未来をつくるフォトコンテストを開催します。 どなたでもご参加いただけるので、小松空港を利用した旅行で撮った写真や、小松空港 […]
MORE
TO TOP