お客様の安心・安全・快適のために<br>新しい空の旅のカタチへ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、小松空港では、お客様およびスタッフの安全を最優先に考え、さまざまな対策に取り組んでいます。皆様がより安心してご利用いただけるよう、マスク着用や手指消毒、ソーシャルディスタンス等についてのご理解とご協力をいただきますようお願いします。

運航状況

TOPICS

現在のフライト情報

空港での対応

  • 従業員の対応

    空港内スタッフは、就業前の検温や手洗い、手指消毒を徹底。発熱や体調不良の場合は出社を控えます。常時マスクを着用し、一部、手袋やフェイスシールドの着用のもと接客を行っています。

  • 消毒・清掃

    通常の清掃強化に加え、発券機、トレーなどのお客様の手の触れる箇所のこまめな消毒を行っているほか、定期的に専門業者による全館消毒を行っています。

  • ソーシャルディスタンス

    受付カウンターや保安検査場、土産店など、充分な間隔を空けてお並びいただくよう床マークを設置。

  • 飛沫感染対策

    チェックインカウンターや土産店や飲食店のレジ、案内所などでは、ビニールカーテンやアクリルパネルの間仕切りを設置して感染防止に努めています。

  • 消毒液・サーモグラフィー・CO2濃度表示板の設置

    ターミナルビルの入口やトイレ入口付近などに非接触型アルコールスタンドを設置しています。また、サーモグラフィーを設置し、空港をご利用いただくお客様の体温測定を実施しています。そのほか、換気状況を判断する目安となる「CO2濃度」の数値を測定し、表示板で周知しています。

    • 非接触型アルコールスタンド
    • サーモグラフィー(1階のエスカレーター横に設置)
    • CO2濃度表示板(1階のチケットロビー前・2階出発ロビー前に設置)

機内での対応

  • 機内空気換気

    飛行機機内は、上空のきれいな空気を大量に取り込み、2~3分ですべての空気が入れ替わるよう設計されています。

  • 客室乗務員のマスク・手袋

    客室乗務員は、常時マスク・手袋を着用させていただきます。

航空各社の詳細情報

航空各社の感染症対策については下記の各航空会社ホームページでご確認ください。


ANA

JAL

ORC

空港発着バスでの対応

  • 乗務員のマスク着用・体調管理

    全乗務員がマスクを着用しています。
    また、こまめな手洗いやうがい、検温など体調管理を徹底しています。

  • 車内の換気・消毒

    エアコンの外気導入モードの使用や窓の開放により、4分程度で車内の空気が換気されます。また、手すり等の車内消毒にこまめに取り組むとともに、車内に消毒液を設置しています。

ご利用のお客様におかれましても、マスクの着用など感染拡大防止のためご協力をお願いいたします。

各種取り組みについては各運行会社ホームページもご覧ください。


北陸鉄道

京福バス

お客様へお願い

  • マスク着用

    空港内および機内では、必ずマスクの着用をお願いします。マスクを着用していないお客様には、係員がお声かけさせていただいております。

  • 手洗い・消毒

    トイレの利用後は手洗いを、空港入口やチェックイン時、搭乗前、ラウンジ利用前などには、手指のアルコール消毒の徹底をお願いいたします。

  • ソーシャルディスタンス

    チケットカウンター、保安検査場、搭乗口、売店、飲食店など、列にお並びの際は、係員の指示や表示に従い、お客様同士の間隔の確保にご協力ください。

  • 検温

    お出かけ前に検温のうえ、37.5℃以上の発熱や体調不良時はご利用をお控えください。体調に不安を感じる場合は係員にお申し出いただければ、検温等に対応いたします。

「新しい旅のエチケット」「新しい旅のルール」について

詳しくはこちら

ページトップへ