PRICE
飛行機って意外と安い!

飛行機の料金は高いと思われがちですが、早めの予約でお得に航空券を購入(早期割引運賃)できます!これなら新幹線で行くより安いですよね!

小松⇔羽田便
早期割引運賃の一例(ANA)

2020年11月1日~2021年3月27日(ご搭乗分)※10月7日現在

■ご搭乗日の75日前までご予約できる

ANA SUPER VALUE 75
7,200円~16,100円

■ご搭乗日の28日前までご予約できる

ANA SUPER VALUE 28
6,900円~17,500円

■ご搭乗日の3日前までご予約できる

ANA VALUE 3
10,700円~20,700円
  • ■ANA SUPER VALUE、ANA VALUEはANAの国内線割引運賃です。ご利用条件など詳細は、ANAウェブサイトをご確認ください。
  • ■一部の期間・路線・便において設定のない場合がございます。販売座席数には限りがあり、運賃ごとに発売期間が異なります。
  • ■空席予測数に連動して運賃額が変動します。空席予測数は変動するため、ご予約のタイミングによりご予約・ご購入可能な運賃額が異なる場合があります。
  • ■運賃額は予告なしに変更となる場合がございます。

詳しくは各航空会社のサイトにてご確認ください。

TIME
東京まで60分のフライト

小松-羽田のフライト時間はなんと約60分(新幹線なら約2時間半)!
飛行機の最大のメリットはなんといっても移動時間の短さです。

  • ※高速バスはフライト時間に合わせて運行(料金は片道1,150円)
    ※羽田空港から都内(浜松町・品川)・横浜まで私鉄やモノレールで約30分

    金沢駅→新幹線:かがやき約2時間30分・はくたか約3時間→東京駅

  • ※高速バスはフライト時間に合わせて運行(料金は片道1,400円)
    ※羽田空港から都内(浜松町・品川)・横浜まで私鉄やモノレールで約30分

    福井駅→しらさぎ約60分→米原駅→ひかり約2時間半→東京駅

CHECK!

フライト前の時間を有意義に。
快適な空の旅を楽しむ

空港までの移動時間も含めると、新幹線利用と大差ないですが、飛行機利用ならフライト前の時間で食事をしたりお土産を買ったり有意義に過ごすこともできますよ!
機内サービスも充実していて、無料で飲み物が提供されます。窓からの美しい景色を見ながら快適な空の旅を楽しみましょう。

RESERVE
簡単予約

スマホがあれば、予約・購入・飛行機に乗るまですべて行えます。つまり、バスや地下鉄と同じように、チケットレスで飛行機に乗れるんです!
ここではチケットレスで飛行機に乗る方法をご案内します。

予約と購入の仕方はかんたん!

航空会社のホームページにアクセスし、利用したい日付と便を選択するだけ!
チケットレス搭乗には、事前に購入手続きと座席指定も済ませておく必要があるので忘れずに。詳しくは以下をご覧ください。

予約から購入までの流れ

  • トップページ「空席予約/照会」を選択

    日付・発着空港・人数の選択

    希望する便と運賃の選択。

    ※往復ご予約の場合は、往路便選択後、「復路便選択へ」に進む。

    一般の方or会員の方かを選択

    ※会員とは、航空会社ごとのマイレージ会員のこと。マイレージ会員に入会(無料)すれば、次からの入力が楽です。また、会員なら、マイルを貯めれて、貯まったマイルを特典航空券等に交換できます!

    搭乗者情報(実際に飛行機に乗る人)の入力(会員の方はお客様番号やパスワードを入力)し予約

    座席を指定。予約の段階で座席を指定しておけば、当日スキップサービス(直接保安検査場にお進みいただけるサービス)を利用してスムーズに飛行機に乗れるのでとっても便利。

    購入手続きに進み、支払い方法を選択し購入

    2次元バーコードを取得する
    2次元バーコードをスマホに保存することでチケットレスでの搭乗が可能になります。必ずご搭乗前に済ませてください。

    取得方法はこちら

  • 日付・発着空港・人数の選択

    希望する便と運賃の選択。

    一般の方or会員の方かを選択

    ※会員とは、航空会社ごとのマイレージ会員のこと。マイレージ会員に入会(無料)すれば、次からの入力が楽です。また、会員なら、マイルを貯めれて、貯まったマイルを特典航空券等に交換できます!

    搭乗者情報(実際に飛行機に乗る人)の入力(会員の方はお客様番号やパスワードを入力)し予約

    座席を指定。予約の段階で座席を指定しておけば、当日タッチ&ゴーサービス(直接保安検査場にお進みいただけるサービス)を利用してスムーズに飛行機に乗れるのでとっても便利

    購入手続きに進み、支払い方法を選択し購入

    2次元バーコードを取得する
    2次元バーコードをスマホに保存することでチケットレスでの搭乗が可能になります。必ずご搭乗前に済ませてください。

    取得方法はこちら

FLY
飛行機の乗り方

小松空港まで

  • 金沢駅や福井駅から小松空港までのアクセスには、リムジンバスが便利。
    大型のトランクが備え付けられているほか、車内にも荷物置き場も用意されているので、荷物が多い場合でも安心です。

    金沢から小松空港

    香林坊武蔵ヶ辻・近江町市場金沢駅西口駅西合同庁舎前北陸松任(白山IC前)松任海浜公園(徳光PA)小松空港

    福井から小松空港

    福井駅東口福井北IC丸岡IC小松空港
  • 24時間利用可能な大型駐車場が併設されており、料金は1日500円(第2Pの場合。第1・3Pなら400円)です。
    入場から1時間は駐車料金が無料なので、送迎のご利用にも便利です。
    駐車場の心配がいらないのは空港ならではのメリットです。

荷物のチェック

鉄道利用と大きく違うところは、飛行機の場合は安全確認のため荷物のチェックがあるところです。
飛行機に乗る前に預けてしまう「預け荷物」と、機内に持ち込むことができる「手荷物」がありますが、それぞれちょっとしたルールがあるので、旅行の前に必ず確認しておきましょう。

  • ANA

    JAL

    (搭載する航空機の貨物室に収納可能なものに限る)


    1人あたり20Kgまで無料

    ※普通席の場合
    ※重量・サイズをみたしていれば個数制限無し

    凶器になりうるもの(ハサミやカッターなど)は機内に持ち込めないので、預け荷物にまとめてください。

  • 合計重量10kg以内で、身の回り品1個(ハンドバックやカメラなど)の他に、1人1個手荷物を持ち込むことができます。

    ANA・JAL共通

    ※飛行機の座席数100席以上の場合

    3辺(縦・横・高さ)の合計が
    115cm以内かつ
    3辺それぞれの長さが
    55×40×25cm以内

    10Kg未満
    (身の回り品を含めた総重量)

    ※飛行機の座席数が100席未満の場合3辺(縦・横・高さ)の合計が100cm以内かつ3辺それぞれの長さが45×35×20cm以内。

    一般的なボストンバックやリュックなら問題ありませんし、小型のスーツケースも持ち込み可能になっています。判断が難しい場合は、当日空港職員の方に尋ねてみてください。
    中身の注意点としては、モバイルバッテリー(予備のリチウム電池)、電子タバコ、ライターは預け荷物に入れることが禁止されているので、必ず手荷物にまとめてください。
    また、ノートパソコンやタブレットなども手荷物とすることをオススメします(預け荷物にすることも可能ですが、その場合は電源をオフにして壊れないようしっかり梱包しましょう)。
    ノートパソコンやタブレットは手荷物検査(保安検査)の際、カバンから取り出してチェックしてもらう必要があるので、すぐに出せるようにしておきましょう。※保安検査場での手順は後に説明します。

フライトの45分前に空港へ

初めて飛行機を利用される方は、余裕をもって飛行機の出発時間の45分前には空港についておけば安心です。

事前手続きで当日チェックインが不要

CHECK!

事前座席指定&2次元バーコード取得で空港でのチェックインを省略できるサービスがあります。手続きも楽で、時間も短縮できるので、ぜひ活用しましょう!

当日、空港でチェックインする場合は、まずは予約した航空会社の搭乗手続カウンターで手続きをしてください。

  • 事前に座席指定をしていて、2次元バーコードを取得済みならカウンターでのチェックイン手続きは不要です。そのまま2階の出発ロビーに進みましょう!

  • ANAの場合

    1階正面ロビーにある、航空会社カウンターにて預け荷物の手続きを行ってください。このとき、荷物の番号が書かれた手荷物引き替え証をもらいます。その後、預け荷物のX線検査を受けてください。

    JALの場合

    1階正面ロビーにある、航空会社カウンターの手前のX線検査を受け、チェックが終わったらカウンターに荷物を預けてください。このとき、荷物の番号が書かれた手荷物引き替え証をもらいます。

    ※手荷物引き替え証は、到着の空港で預けた荷物を受け取るとき、自分の荷物かどうかを確認するためのものなので、大切に保管しておいてください。

保安検査とボディチェック

飛行機の安全航行のために、搭乗前に搭乗者のボディチェックと機内に持ち込む手荷物の検査(保安検査)を受けます。 自身はセキュリティゲートを通り、手荷物はX線検査装置を通ることで検査を行います。

※保安検査場は出発時間の20分前までに通過しなくてはいけません。混雑する場合もあるので、時間に余裕を持って早めに手続きしましょう。

保安検査場では、次のような流れで検査を受けましょう。分からないことがあれば、近くにスタッフがいますので、聞いてみてください。

  • コートやジャケットを脱いで、X線検査装置に備えついているトレーに入れる。
  • 手荷物を、別のトレーに入れる。
  • 手荷物の中のパソコン・タブレット端末・液体物(飲料水)は、別のトレーに入れる。
  • 身につけている金属類(財布・スマートフォン・鍵など)や衣類(マフラーや帽子)をトレーに入れる。
  • くるぶしを覆う靴、底の厚い靴、金属などの装飾が多い靴を履いている場合は、靴を脱いで専用のトレーに入れる。
  • セキュリティゲートとX線検査装置のゲートを通る。
    ※このとき、2次元バーコードを端末にタッチする必要があるので、事前に用意しておいてください。
    バーコードをタッチしたらフライト時間や座席番号などが書かれたレシート「JALなら“ご搭乗案内”、ANAなら“保安検査証”」を受け取るので、目的地到着まで捨てずに持っていてください。
  • 問題がなければ、手荷物を受け取って終了。

指定搭乗口から飛行機へ

保安検査が終われば、あとは乗るだけ。自分が乗る飛行機の搭乗口に移動し、出発を待ちましょう。

※搭乗口には出発の10分前までに移動しておく必要があります。ただ、こちらも時間に余裕をもって早めに着いておきましょう。

CHECK!

指定の飛行機の
搭乗口番号を確認しよう

小松空港では搭乗口まで迷うことはないでしょうが、羽田空港や新千歳空港などの大きな空港は、飛んでいる飛行機の数も多く、その分搭乗口もたくさんあります。搭乗口の番号は保安検査の際受け取った保安検査証に記載されているほか、空港の案内掲示板にも表示されているので確認しましょう。

出発時刻が近づき、スタッフから搭乗の案内アナウンスがあったら、いよいよ飛行機に搭乗します。
飛行機に搭乗する順番は、優先搭乗者や座席位置によって決められるので、自分がいつ乗り込めばよいか、アナウンスを聞いて確認してください。
自分の順番がきたら、改札機に2次元バーコード(保安検査場でかざしたもの)をタッチして飛行機に搭乗します。

機内のルール

手荷物の置き方

座席に着いたら、荷物は頭上の収納棚か前の座席の下に入れます。

頭上の収納棚に荷物を入れると、後から取り出しにくい(窓際の席だと特に)ので、貴重品やフライト中に楽しむ本やタブレットは別にして前の座席下に置いておくといいですよ。

シートベルトの着用

着席したら、必ずシートベルトを着けましょう。
飛行機が飛び立ち、しばらくするとシートベルト着用サインが消えますが、安全のため、着席中はシートベルトを着けましょう。

シートベルトの着用

携帯電話やスマートフォンなどの電波を発する電子機器は、電源をオフにするか、フライトモードにしてください。
ただし、機内Wi-FIサービスがある場合は、フライト中もスマートフォン、タブレット端末など、無線LAN接続が可能な端末でインターネット、Eメール、SNSを利用できますよ!

トイレの利用

機内のトイレが利用出来るのは、シートベルトサインが消えている間です。なるべく空港で済ませておくようにしましょう。

目的地に着いたら

  • 目的地の空港に到着したら、そのまま出口へ向かいましょう。特に検査や手続きは必要ありません。

  • 荷物受取所へと向かいます。道中の案内看板に従って進みましょう。荷物受取所では、到着便ごとに荷物が出てくるレーンが分かれているので、案内板で「小松」と書かれたレーンを確認しましょう。
    指定のレーンから、ベルトコンベアーに乗せられて、預け荷物が出てきます。
    この時、スーツケースの取り違いには十分気を付けてください。預けた荷物にはタグがつけられているので、そのタグと、荷物を預けた時にもらった「手荷物引き換え証」の番号が同じかどうかよく確認しましょう。
    荷物を受け取ったら、出口へ向かいましょう。

CHECK!

羽田空港から
主要都市への
アクセス情報

羽田空港には京浜急行電鉄と東京モノレールが乗り入れており、空港発のリムジンバスもあります。空港から都内への移動もとても便利です。

以上、飛行機の予約から乗り方までのご案内でした。
飛行機を利用するイメージはつかめたでしょうか?
実際に乗ってみると、意外と安くて便利!ということが分かっていただけるかと思います!
それでは是非、小松空港を使って楽しい空の旅にいってらっしゃい!